noluba


走行メモは手書きからクラウド管理

ログイン

プリロード?減衰調整?サスセッティングがわからない・勉強したい!そんなあなたにぴったりの講習会をご紹介します。

初心者向け
投稿日2016/11/19
誰でも参加自由!オーリンズアンテナショップのウノパーウノのサスペンションセッティング講習会
「オーリンズを付けてないとだめなのでは?」
と思われた方、心配いりません!公式ページには下記のように書いてあります。

『特にオーリンズユーザーに限定した内容ではありませんので、これから購入を検討されている方、サスペンションで悩みを持っている方、他メーカーを使用されている方でも構いません。より楽しいバイクライフをご提案します。』

なので、
・サスペンションのセッティングって何?
・プリロードや減衰力調整をガシガシいじって自分好みのバイクにしたい
・各サーキットごとにセッティングを出せるになりたい
・自分のバイクの状態を診断してほしい

という方におすすめです。
ちなみに私は上記4つすべてに該当していたので迷わず参加しましたw


・公式ページ
株式会社カロッツェリアジャパンの直営オーリンズアンテナショップ“ウノパーウノ
サスペンションセッティング講習会
費用:2,000円
開催頻度:毎月一回
プリロード?減衰調整?サスセッティングがわからない・勉強したい!そんなあなたにぴったりの講習会をご紹介します。の写真1
講習前半は座学でフロントフォークとリアサスペンション
写っている資料が参加した2016年10月の講習会では配布されました。
座学では、サスペンションの基本やプリロード、減衰力調整の方法を実際のオーリンズの製品を使いながら
分かりやすく説明してくれます。セッティング時の細かい注意点なども合わせて教えてもらえますので、
自分一人でも安心していじれるようになるはずです。

講習の参加者には体験で、減衰力の調整を最強と最弱にそれぞれセッティングした状態で、
それぞれの感触の違いを確かめさせてもらいました。

最弱と最強、びっくりするくらい違います。
また、減衰力の圧側・伸び側が調整をできるサスペンションも初めて触りました。

プリロード?減衰調整?サスセッティングがわからない・勉強したい!そんなあなたにぴったりの講習会をご紹介します。の写真2
講習後半は参加者全員のバイクを使ってサグ計測とセッティングのアドバイス
講習の後半では参加者全員のバイクを一台ずつサグ計測します。
今回の講習会で私が一番期待していた内容でもあります。

流れは、
1.フロントフォークとリアサスのそれぞれ力全くかかっていない状態の長さを計測
2.バイクの真っ直ぐにした状態でフロントフォークとリアサスの長さを計測
3.参加者がいつものライディングポジションで乗った状態でフロントフォークとリアサスの長さを計測
です。

一台ずつ計測していくので、
参加者のバイクのそれぞれの状態も聞くことができるのですが、
人それぞれ様々な状態であることがわかって興味深ったです。

私のバイクのサスペンションの状態は、

「フロント、リアともに基準よりもかなり柔らかめになっているので、サーキットを走るならフロントとリアサスのプリロードを
強めて固めにしてピッチング(バイクの縦方向の姿勢変化)を減らすと楽に走れるようになってタイムが上がるかもしれません」
とのご診断をいただきました。

そして、せっかくだったので講習会が終わった後に
プリロードを調整してもらうことにしました。

セッティング後、走ってみると………!!

「乗りやすい!」
「フロントフォークやリアサスが動くのが分かる」

です。
フロントフォークの設定がかなり柔らかくバイクの姿勢が前のめり、かつリアも柔らかい設定だったため、
全体的に1G(静止で乗車した状態)でサスが縮みっぱなしになっていたことが改善されたことが要因だと考えられます。

早速この状態でサーキットに行きたくなりましたw!


サスセッティングを勉強したい・悩まれている方は是非一度参加されてみてはいかがでしょうか!



後日談:サスセッティング後に桶川スポーツランドにて自己ベスト0.4秒ほど更新しました!(49.8秒→49.4)
また、以前に比べて同じタイムで走っても疲労度が軽減されました。セッティングを出すって大事ですね。